マルマン 禁煙パイポ

口寂しいときに効果あり

禁煙しようとタバコのニコチンの量を減らすことはできても、なかなか喫煙習慣をやめることができずに時間があったり、手持無沙汰になるとついつい煙草に手が伸びてしまい、禁煙することができませんでした。
禁煙パイポはその空いた時間や、口寂しいときに口に咥えることができるので喫煙習慣をやめることができない方にはおススメです。
また、味がついていますが、ガムのように甘くないので良いと思います。
煙草を吸うような感覚で深く吸ったり吐いたりすることができるので、禁煙しているというストレスのリラックス効果もあるように感じました。

禁煙パイポは意外と高い

悪かった点は、禁煙グッズの中で「禁煙パイポ」は近くの薬局でも手軽に購入することができますし、お値段も安いのですが、パイポには味がついていて、その味がすぐになくなってしまうので、1日に何本も吸ってしまって、意外と高くつくということです。
もう1点は、パイポを止める時にもう1度小さなストレスに直面することです。
喫煙習慣改善のため禁煙パイポを常に常備して、暇になったら咥えて。と毎日していると禁煙パイポを手放す時にもう一度煙草に手を伸ばしてしまうんではないかと思い、なかなか手放せず、しばらくはパイポを持ち歩いていました。

人間性の問題と自分に言い聞かせて

私も禁煙しよう、禁煙したい、禁煙しなければ、と何度も何度もチャレンジしては失敗を繰り返していました。禁煙したい気持ちはあっても、習慣になってしまったいるものを無くすことはとても難しいことです。
私は何度も何度も禁煙を失敗したことで自分への信頼を失いかけていました。
自分はなんて意志が弱いのだと。
今回は絶対吸わないと心に決めても何度も約束を破る自分に辟易して、これ以上自分に嘘をつくなら自分のことを一生信じられなくなる。禁煙が問題ではなく、もう自分の人間性の問題だと自分にプレッシャーをかけまくってやっとやめることができました。