禁煙外来でチャンピックス

おすすめ禁煙薬

ウェルバトリン

精神安定の効果も。マイルドな禁煙薬でイチオシです。

チャンピックス

禁煙薬の中で一番売れているチャンピックス。ヘビースモーカー向け。

禁煙外来でチャンピックスをもらいました。

禁煙グッズも多々ありますが、やはり病院で処方されるものが最も効果があるだろうと思い禁煙外来を受診し、チャンピックスが処方されました。
チャンピックスは12週までは保険適応のため、3割負担の価格で治療を受けることが出来ます。安価な禁煙グッズと比べてしまうと高く感じますが、保険を使えるという点はやはり大きいです。
治療の進め方として、始めの1週間は喫煙しても良い、というのも良い点だと思いました。私は1日2箱は吸っていたため、仮にいきなり0本まで減らせと言われても無理だったと思います。
これまでも禁煙をしたことはありましたが、しばらく禁煙した後に我慢出来ずに吸うタバコがとても美味しく感じることが禁煙失敗の原因の一つでした。しかし、チャンピックスを飲んでいるとタバコが不味くなると言われており、実際私も3週目でタバコを吸おうとしたときに、一口目で気持ち悪くなり吸えませんでした。タバコが美味しいと思えなくなるのは、禁煙を続ける上で重要だと思います。

チャンピックスの保険適用

チャンピックスは12週までは保険適用ですが、以降も服用を続ける場合は自費診療となります。12週以内に禁煙を成功させなければ、ということはひとつの目標にもなるのですが、プレッシャーになり途中で辞めたくもなりました。
また、内服の副作用として気持ち悪さが出てくることがありました。タバコを吸ってしまったときのみ気持ち悪くなるのなら良いのですが、それ以外のときにも症状が出ることがあるため、内服を続けるのが辛く感じることがありました。

禁煙外来がおすすめ

タバコに依存していない人はいつでも禁煙できると思いますが、禁煙グッズや禁煙薬などに頼らなければ禁煙できない人は、強い意思が必要だと思います。なんとなく健康に悪いから、とか値上げしたから節約のために、くらいの考えで禁煙を始めたときにはすぐに失敗してしまいました。
私は禁煙外来に対して、禁煙できないことについては医師から怒られるだけかと思っていました。しかし、禁煙したいけどできないという気持ちを傾聴してくれ、一緒に頑張りましょうと声をかけてくれたことで、きちんと受診も継続することができました。周囲の人の応援も大切ですが、やはり専門医に診察されるというのは身が引き締まる思いとなるため、禁煙継続の糧になりました。本気で禁煙を考えている方は、是非とも一度禁煙外来の受診をおすすめします。